邇保姫神社の絵馬

祭神 : 邇保都比売神(にほつひめのかみ)
相殿神:帯中津日子神(仲哀天皇)、息長帯日売神(神功皇后)、品陀和氣神(應神天皇)
神功皇后が三韓出兵を終え、お帰えりの途中この所に一夜ご宿陣になり霊験を頂いた邇保都比売神を鎮祭報賽され鎮護綏撫の神祐を祈られ翌日出発の際邪気祓いのため白羽の矢を放たれたところこの山に矢が止まったので矢を納めて島の鎮守とした。仁和元(885)年8月上旬宇佐八幡宮を勧請し正八幡宮と称した。
正應元(1288)年三浦公より社領三十石を賜ったが、慶長年間福島正則公の時、悉く召上げられた。社殿は文暦二(1235)年に再建、さらに現在の本殿は享保年間(1716〜1736)の再建といわれる。旧村社。
 
 
11.01.26裕・編集
平成23(2011)年辛卯



絵馬一覧へ



雑貨コレクション
     (邇保姫神社関連頁)
(焼失前)邇保姫神社
(再建された)邇保姫神社
 被爆建物・(邇保姫神社)手水舎
 戦捷記念碑
 (取消しになった)広島市保存樹林
 紀元二千六百年記念の幟立石柱
 邇保姫神社の絵馬
カウンター