広島東照宮の絵馬

ヒロシマトウショウグウ
廣島東照宮
 広島東照宮は、慶安元(1648)年に広島藩主の浅野光晟が造ったものです。
原爆によって本殿、拝殿を焼失したものの、焼け残った唐門、翼廊手水舎などが江戸時代の建築の特徴をよく伝えてると云われています。
広島市東区 二葉の里2‐1‐18
04.02.01裕・追記



絵馬一覧に戻る


「牛田・二葉の里附近」編・全体



雑貨コレクション
広島東照宮境内をぶらリ散歩
広島東照宮(概説)
(再建された)社殿
広島東照宮・唐門、翼廊
  広島東照宮・唐門、翼廊
  (復元された)唐門及び翼廊
広島東照宮・手水舎
広島東照宮・御供所
広島東照宮・本地堂
広島東照宮・神輿蔵
広島東照宮・紀元二千六百年記念碑
広島東照宮・御神水
(二葉山中腹)東照宮・御神井
東照宮・原爆慰霊碑
東照宮・原爆誌
東照宮・平和祈念短歌玉垣
東照宮・原爆65周年追憶碑
東照宮・アカマツ
(番外)広島東照宮の絵馬
カウンター